格安海外タイヤナビ


格安タイヤ購入と気になる使用感レポート


格安タイヤで全然問題ないですね。

気にしなければリーズナブルでサイフに優しいです。

格安タイヤ、激安タイヤ、輸入タイヤを使ってみたいけど・・・

と躊躇されている方に、参考になれば幸いです。

ぜひ貴方も格安タイヤを使ってみて下さい。




なぜ?格安というか激安タイヤを選んだか 



ちょっと冒険しようなんて思ってないですよ、

今回のタイヤ交換は、本当はまだ早いかなと思っているんですが、

どうしても交換せざるを得なくなり、どうせなら4本交換しようかと思ったんです。

でも4本交換すると1本¥10000-として諸経費込みで¥50000-くらい、

なので前2本だけ試しで使ってみることにしました。



何処のタイヤを選んだか 



AUTOWAY(オートウェイ)で FINALIST(ファイナリスト)

RADIAL F109 215/60R16 95H を選びました。

アメリカのタイヤですが中国で作っています。

ちょっと心配・・・・

安さでは、2番目か3番目の値段でした。

1本 ¥3210- を2本注文しました。

オートウェイは全国4カ所から発送しますから、

翌日には指定工場に搬入されています。

送料は 1本 ¥1080-




取り付け店も簡単に探すことが出来ます 



いつも車検をして貰っているところに頼むのが一番ですが、

ガレナビで住んでいるところの近くを探すこともできます。

大型店から個人店まで沢山ありますから心配ないです。

気になるのは交換費用です、

タイヤ1本当たり ¥1800-から¥2000-が相場です。

私は、いつもの整備工場で¥1500-でやって貰いました。

常連の強みです、勿論代車込みですよ、

当然取り付け、バランス調整、古いタイヤの処理を含んでいます。

安くても、代車がない整備店は問題外です。

ただし、出来上がるまで待っていられる人は問題なしですね。




安かろう、悪かろうじゃないですか 



国産メーカーのタイヤ1本の値段で、

2本から4本取り換えられるから、金銭的に楽です。

車検の時も問題なく通過しましたので安心です。

半年経ちましたが、違和感もないです。

こまめに経過報告していますので、

参考になれば、オートウェイで購入検討価値有りです。

購入に際して、さらにリーズナブルに出来る裏技もお知らせします。

私は、この裏技?でタイヤ代を無料にしました。

諸費用すべて合わせると、

¥11520-を¥3500-で交換できました。

今回は、タイヤ1本当たり全て込み込みで¥1750-と超激安となりました。

気になる裏ワザ 



タイヤの質が悪ければ、国産の高いタイヤを買うしかない 



タイヤメーカーによっては硬いのや柔らかいタイヤもあります。

私の購入したタイヤは、

AUTOWAY(オートウェイ)■FINALIST(ファイナリスト)
RADIAL F109 215/60R16 95H

整備工場によると、ブリジストン等の国産メーカーに比べて、

少し臭いが有ると言っていましたが、

装着した後に、臭いをかいでみましたが違和感はありませんでした。



見た目のタイヤの印象はどうなの 



見た目では、全然分かりませんね、

誰かがコメントしていたのは、

タイヤが側面構造上の関係で柔らかいので、

いつものタイヤより、横に出ているようだとのこと、

たしかに、交換していないブリジストンの後ろのタイヤに比べて横に膨らんでいます。

ただ、車の前方が重いので一概に比較できないです。

前のめりの状態で駐車していると、結構膨らみのあるタイヤに見えます。



運転してみてどんな感触だったか 



特別問題はなく乗れました、

タイヤが柔らかそうだったので、

もっとふわふわするかなと思っていましたが、

普通でした。

友達が運転したときに、

激安タイヤと言ったのですが、

「うそ」と言われました。

言わなければ、分かりませんと言うことです。

200~300kmの距離では言うことなし、

それ以上の遠乗りはまだしていないので分かりません。

というか最近は遠乗りはしません。

400km越えたら電車で行きます。



空気の減り具合が気になりますね 



タイヤ空気圧は、

230kPa(2.3)の空気圧設定で規程通りにセットしてから、

次の機会に計測してみたところ、

402km走行したところで、

ガソリンを給油している間にチェックしたところ、

200kPa(2.0)に成っていました。

スタンドの所員いわく、「普通です」と、

ということで、空気圧の減りも問題ないことが確認できました。




台湾では日本のタイヤは少ないです。当たり前か 



仕事で台湾に行って来ました。

台湾では、日本メーカーの生産工場があるので、

沢山の日本のメーカー車が走っています。

だからといって、日本のタイヤのブリジストン、ヨコハマ、トーヨーは少ないです。

見かけることはありますが、

だいたいは、知らないメーカーです。

台湾では世界的大手タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)。

台湾最高の栄誉である「台湾精品大賞(Taiwan Excellence2012)」受賞メーカー。

【製造国】台湾/中国

こちらが有名ですね。

海外の格安タイヤを使うリスクは気にならなくなったのは、

ここからですね。

台湾や韓国のタイヤでも良いと思います。

次回は、これを使ってみようかと思います。



今後の報告は 



いいことだらけに思えますが、

実際はどうなの ? 

それから、どうした ?

なんてことが気になるでしょう。

不定期ですが、

タイヤの減り具合などを含めて報告したいと思います

こちらから  格安タイヤ購入と気になる使用感レポートです。








先頭へ戻る