自動車取得税

自動車取得税(じどうしゃしゅとくぜい)は、都道府県が、

取得価額が50万円を超える自動車の取得に対し、

その取得者に課す税金である

(地方税法第113条-第143条、本法附則第12条の2の2)。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。